周りの方は、ガラリチリ二重。私も二重にしたくてアイプチに挑戦してみたら友だちからのビックリなワンポイント

私の周りのそれぞれは、ガラリチリ二重の人が多くて羨ましく思っていました。一重の人もいましたが、アイプチをしているうちに二重になったり自分なりに多々して試して自力で二重にした人もいました。

こちらは、と言うと昔から目線を広くあげるためにアイラインをひいて目線を著しく見せていました。ただし二重の人のように普通に引いていては、分け目が隠れてしまい何の意味もない結果分厚く分け目を引いていました。厚く退く事で、目線も広く見えて化粧をすると別人と言われるくらいでした。

但しこういうアイラインを分厚く引くと一環欠点がありました。それは、目線を埋めるって「パンダの目線」と言うことだ。分け目が分厚い結果パンダの目線のように映るらしきのです。

さすがにそれぞれは、気を使って言わなかったのだと思いますがこれは、母体にも旦那にも言われました。

さすがにパンダの目線と言われるのが不快でアイプチを通してみようと思いましたが、態度も似合うかも分からなかったので、アイプチを通していたそれぞれが化粧をするらアイプチを借りてみました。

因みにテープバージョン賜物でした。自分では、思うようにできなかった結果それぞれにアイプチを使って二重にしてもらうと、それぞれから打撃なワンポイントが飛んできました。

「アイプチしてみたけど、など似合わないしお断り」と言われました。

二重にした個人を見てみると確かに、似合わないなと思ってしまいました。

違うそれぞれにその事を話してみると「見慣れないかそんなふうに想うんだよ」と言われましたが、それぞれに言われたワンポイントと確かに似合わないとしてしまった個人。それ以来アイプチをすることはありませんでした。

ただし、はじめ重の人がアイプチ以外で目線を著しくあげる方策は、TVも読物も紹介されないので、どうしたら一重の人が目線を著しく見せられるのか今回だに悩んでいらっしゃる。妊婦さん必見のアイテム